<< <警察犬>「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞) | main | 飲食店の未明出入り禁止=内部規則を改定―在沖縄米軍(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.12.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)

 土地の売買後、土壌に含まれた物質が有害物質と認定された場合に売り主に賠償責任があるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は1日、「売買契約時に危険性を認識することができなかったような場合、売り主は責任は負わない」との初判断を示した。その上で、売り主側に賠償を命じた2審判決を破棄し、買い主側の請求を退ける逆転判決を言い渡した。

 東京都足立区土地開発公社が91年に土地を購入、01年になって環境基本法でフッ素が有害物質と認定された。その後の調査で土壌にフッ素が含まれていることが判明したため、公社側は売り主の化学製品メーカー「AGCセイミケミカル」(神奈川県茅ケ崎市)に除去費や土壌調査費など約4億6100万円の賠償を求めた。1審の東京地裁判決(07年)は請求を棄却。2審の東京高裁判決(08年)は「売却後に有害性が認識された場合でも売り主に賠償責任がある」として除去費約4億4890万円の支払いを命じていた。

 これに対し、小法廷は「売買契約時には、フッ素の有害性は認識されていなかった」と述べ、同社側の賠償責任を否定した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
築地市場移転:都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴
東京・築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 住民グループ、移転先巡り都知事らを提訴
大田の汚染土壌除去訴訟:費用負担取り消し求めた上告を棄却 /東京
前工跡地の有害物質:土地契約合意書、市に意見求める−−地裁、弁論 /群馬
築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 基準甘い合意書、民主「都民への背任」 /東京

路上でゴツン 興毅選手は乗用車と/巨人・克則コーチはバックの際(産経新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談―静岡県警(時事通信)
米軍岩国基地 新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)
150周年のサムライ遣米使節団 ホテルの窓から褌…(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.12.15 Wednesday
  • -
  • 17:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

きょぬ欧舛磴鵑肇船絅奪船紊靴討たぁぁぁ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ
バックで攻めながら乳モミしたら、ちょ殴┯い声で喘ぎまくってたYO!!
もう50万近く稼いだけど、当分はやめられねーわ!!笑

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
現金化
探偵事務所
アフィリエイト ホームページ
ネイルサロン
クレジットカード現金化
無料ホームページ
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM